危篤の際の対応

危篤を告げられた場合、下記のように親しかった方々への連絡が必要となります。

連絡役の決定

危篤を親族者へ伝える連絡役をご家族の中で決めます。
危篤の連絡 下記の方々へ危篤の旨を伝えます。
1.ご家族
2.親族(両親、兄弟姉妹、祖父母、配偶者の両親と兄弟姉妹など)
3.友人、知人(危篤の方が望まれる方)
4.勤務先、学校、関係団体、隣近所など
ご連絡方法 一刻を争う連絡ですので、真夜中でも連絡しても構いません。
「このような時間にご連絡をいたしまして申し訳ございません。」とお詫びして、続けて下記の頃柄を知らせます。

1.自分の名前と危篤された方の続柄
2.誰が危篤になったか
3.危篤された場所(病院名、病室など/自宅)
4.その場所の住所および交通手段
5.連絡先の電話番号(ご自分の携帯電話など)
*連絡したい方がご不在の場合、第三者の方へことづけをお願いし、確認の為に本人から折り返し電話を頂くようにします。



戻る
神道葬 | 仏教葬 | キリスト教葬 | 無宗教葬 | 家族葬
もしもの時
| 葬儀の費用 | 施行事例 | 祭壇選び | 僧侶のご紹介 | 無料相談 | 葬儀場のご案内
| 個人情報保護方針 | 会社概要 | お問い合わせ | リンク | サイトマップ | HOME

有限会社フォールハート
〒175-0093 東京都板橋区赤塚新町3-32-14-106 Tel.03-5345-9939